ベンチマーク債

ADBは、流動性の高いベンチマーク債を発行することにより、主要通貨債券市場において強力なプレゼンスを維持する戦略を追求しています。

ADBはドル建てグローバル債市場において継続的に起債を行っており、1994年以降は毎年1回以上の起債を行っています。ADBのグローバル債は、できる限り幅広い地域かつ多彩な投資家が入手できるような値付けプロセスを通じて発行されます。

大量のADB債券が世界中で保有されているため、各銘柄の流通市場における流動性は高い水準で維持されています。

2013年5月31日時点で、ADBの米ドル建て公募債の元本残高は340億米ドル以上でした。

最近の起債の詳細についてはニュース・リリースをご覧ください。
 

未償還の米ドル建てグローバル債および公募債

未償還の米ドル建てグローバル債および公募債

ADBは2006年以来カンガルー債市場でのプレゼンスを維持し、少なくとも年に1回起債を行っています。2013年5月31日現在、未償還9銘柄の元本残高は86億7,500万オーストラリア・ドルとなっています。

未償還のオーストラリア・ドル建て公募債

未償還のオーストラリア・ドル建て公募債

ADBはこれまでに、その他の通貨として、ブラジル・レアル、カナダ・ドル、インド・ルピー、日本円、ニュージーランド・ドル、ノルウェー・クローネ、フィリピン・ペソ、英ポンド、人民元、シンガポール・ドル、スイス・フラン、タイ・バーツ建てで公募債を発行しています。

最近のADB債券の一覧はこちら

値付補足書

値付補足書は各銘柄の詳細を示すもので、目論見書と共に参照される資料です。

読者の皆様へ
本ウェブサイトの内容または資料は、黙示的にも明示的にも投資に関する勧告またはアドバイスを含むものではなく、またADBまたはその代理人による有価証券売買の申し込みまたは勧誘を構成するものではありません。詳細については「利用条件」をご覧下さい。