現地通貨建て債券

ADBは、現地通貨建て債券の発行や、資産スワップ、ソブリンおよびノンソブリン・プロジェクトの健全な構築と値付けを含むその他の取り組み、および政策対話を通じて、開発途上加盟国の国内資本市場の発展に努めています。

ADBには、この分野で革新を進めてきた長い歴史があります。1970年には、外国機関発行体として初めて日本円市場でサムライ債を発行しました。中国*、インド、韓国、マレーシア、フィリピン、台湾とタイの国内市場においても、外国機関発行体として初めて債券を発行しました。2011年には、ADB初のカザフスタン・テンゲ建ての政府保証付融資を行うため、金利・通貨スワップを実施しました。

地域債券市場およびASEAN+3債券市場イニシアチブに対する支援の一環として、ADBは100億ドル相当のアジア通貨建て債券(ACN)プログラムを設立しました。ACNプログラムは域内通貨での債券発行を目的とするもので、アジア資本市場の発展に資する画期的なプログラムです。これまでに、香港ドル、マレーシア・リンギット、フィリピン・ペソ、シンガポール・ドル、新台湾ドルの5通貨がACNプログラムへの加入を認められています。ADBはまた、38億マレーシア・リンギット(MYR)のミディアム・ターム・ノート・プログラムをマレーシアで設立しています。

現地通貨建て債券の発行以外にも、ADBはソブリンおよびノンソブリン・プロジェクトの現地通貨資金需要を満たすため、通貨スワップを通じた資金調達を行っています。

投資家の皆様にとってのメリット

  • 最高の信用度をもつ金融商品を通じて、現地通貨と金利に対するエクスポージャを得られる
  • 地元の投資家にとっては、分散投資の機会が得られる
  • より長期の投資商品に対するエクスポージャを得られる

未償還の現地通貨建て債券
2013年5月31日現在

通貨 発行日 償還日 元本 金額 利率(%
中国元** 21-Oct-10 21-Oct-20 CNY 1,200,000,000 2.850
中国元 08-Dec-09 08-Dec-19 CNY 1,000,000,000 4.200
マレーシア・リンギット 08-Feb-07 8-Feb-17 MYR 500,000,000 4.000
タイ・バーツ 18-Sep-06 18-Sep-16 THB 1,000,000,000 5.540
中国元 04-Oct-05 14-Oct-15 CNY 1,000,000,000 3.340
インド・ルピー 27-Feb-04 27-Feb-14 INR 5,000,000,000 5.400

*IFCとの共同起債
**オフショア中国元