概要

借入人としてのADB

トリプルA格付けを有する主導的借入人であるADBは、国際資本市場を通じて定期的に資金を調達しています。

ADBによる借入の最も重要な目的は、OCR借入人のために資金をできる限り安定した低コストで確保することにあります。この目的を踏まえた上で、ADBは資金調達先となる市場、金融商品および償還期間の多様化に努めており、これまでに債券を発行した通貨は31にのぼります。
ADBは下記の戦略を追求しています。

  • 流動性の高い債券指標銘柄(ベンチマーク債)を発行し、主要通貨の債券市場で強力なプレゼンスを維持する
  • 低コストかつ機動的な私募債の発行を通じて資金を調達する

ADBはまた、現地通貨建ての借入や資金取引を通じて開発途上加盟国(DMC)の国内資本市場の発展に努めています。