グルジア地方都市の 水道サービス向上支援に5億ドル

【マニラ、2011年3月31日】アジア開発銀行(ADB)は、グルジア1に対し、融資5億ドルを決定した。融資は通常資本財源(OCR)とアジア開発基金(ADF)からの各2億5000万ドル相当からなり2、同国で拡大する2級都市における上下水道サービスのインフラ整備や能力強化に役立てられる。
プロジェクト3では、クタイシやポチなど6の地方都市を対象に、グルジア水道供給会社(United Water Supply Company of Georgia)4を通じてサービス能力強化を行う。プロジェクト実施機関は、グルジア地方開発・経済基盤省(The Ministry of Regional Development and Infrastructure)で、2019年3月の完工を目指す。

ADB中央・西アジア局(CWRD)のホアン・ミランダ局長は、プロジェクトによって、住民の生活水準向上や貧困削減、投資の増加につながれば、としている。

 

 


1 ブレンド国。ADBの対グルジア支援詳細は、参照。
2 OCR詳細はADF詳細は 参照。最大4回のマルチトランシェで、最初のトランシェ8000万ドルはADFより(返済期間32年、猶予期間8年、金利1~1.5%)。
3 プロジェクト詳細は、参照。
4 同社の詳細は、参照。



お問い合わせ先
駐日代表事務所
広報官:望月 章子
T: +81 3 3504-3441/3160
E-mail contact form