アジアにおける気候変動関連投資のための プライベート・エクイティ・ファンドを共同設立

【マニラ、2014年8月4日】アジア開発銀行(ADB)は、オリックス株式会社1 、およびロベコ・インスティテューショナル・アセットマネジメントBV(オランダ) とともに、アジア地域における環境関連や低炭素化事業への幅広い投資を目的としたプライベート・エクイティ・ファンド「アジア・クライメート・パートナーズ(Asia Climate Partners、ACP)」を設立することを発表した。

ACPの運営開始時の資本金は約4億ドルで、香港を拠点とする。再生可能エネルギー、クリーンテクノロジー、天然資源利用の効率化、水資源、農業、林業などの事業分野で、環境や社会に貢献しうる事業や企業に投資を行う。

アジア経済は高い成長を遂げている一方、大気・水質汚染、電力不足、エネルギーや天然資源の非効率な利用など、深刻な環境課題に直面している。こうした状況に対する官民の関心の高まりや、これらの分野における投資額がこれまで低水準だったことから、アジア地域での再生可能エネルギーや資源の効率的利用に対する投資は、今後数十年間にわたり、経済の2~3倍のスピードで成長する可能性もあるとみられている。

ACPはアジアの環境に投資しながら魅力的なリターンを得る革新的なプラットフォームとなりうるだろう、とADBの民間セクター業務局長は述べている。

【抄訳・本リリースの英原文はこちら


1同社詳細は、http://www.orix.co.jp/grp/(和文)

2ロベコ・ジャパンのサイトはhttp://www.robeco.jp/index.jsp(和文)。


お問い合わせ先
駐日代表事務所・広報官  望月 章子
T: +81 3 3504-3441/3160
E-mail: Akiko Mochizuki