fbpx よくある質問 | Asian Development Bank

よくある質問

ADBに入行するには?

まずは ADB Career and Employment System (ACES) のサイトで求人情報を確認してください。空席ポジションに応募するためには同システムに登録する必要があります。"Job Search" ページの "Sign In/Register link" をクリックし、その後、"New User" をクリックしてください。

各ポジションへの応募は、締切日の午後11時59分(マニラ時間)までに行ってください。

ADBの求人システム(ACES)を通じて提出された応募書類は、人事局での評価を経て、採用部局においてレビューされます。ショートリストされた候補者に対しては仮面接が行われ、最終候補者はADB本部での正式面接に招かれます。

Young Professionals ProgramInternship Program についてもACESから応募してください。

ADBのプロジェクトに対する公的な資金協力はどのように行われていますか?

公的な協調融資は、主に各国政府により資金提供されている多国間あるいは二国間開発援助機関を通じて供与されています。こうした資金は、無償資金、融資、あるいは技術援助といった形でADB開発途上加盟国での活動に使われます。

ADBは、より多くのパートナーがADBとの協調融資の機会を探り、プロジェクト組成過程の早い段階から、そのプロジェクトに参加されることを期待しています。これにより、パートナーが案件の形成や審査に主体的に関わることが可能となります。

関連情報:Official Cofinancing | Donor Reports

民間機関はどのようにADBと協働することができますか?

ADBは、途上国開発において優れた持続性と結果をもたらしてきた民間企業や財団法人、あるいは慈善団体といった民間の機関と戦略的・継続的なパートナーシップを築くことによって、その活動範囲を広げ、効果を高めるよう努めています。

ADBとの協力にご関心がありましたら、メールにてご連絡いただくか、協調融資等の関連イベントにご参加ください。

関連情報:Private Sector Partnerships

ADB、あるいはADBが支援するプロジェクトやプログラムの調達に参加するには?

毎年ADBは、プロジェクトや活動に対する物品や工事、コンサルタント・サービスの調達について数十億ドル相当の契約を結んでいます。ほとんどの契約は、国際競争入札によって行われていますが、ADB加盟国・地域 の企業及び個人が参加することができます。

関連情報:Operational Procurement

ADBは、契約準備や案件の管理等において専門的な知見を得るために、あるいは各種調査や審査等の業務をサポートしてもらうために、個人のコンサルタントや、市民社会団体(CSOs)を含むコンサルティング会社と契約を結んでいます。

ADBはまた、業務上の必要に応じて、物品やサービスを調達しています。調達の入札には、ADB加盟国・地域の企業並びに個人が参加できます。なお、ADBあるいはその他の国際開発金融機関の制裁リストに載せられている個人・機関は調達に参加できません。

関連情報:Institutional Procurement

ADBに文書の開示を求める場合や、その他の質問についてはこちら[EN]からご連絡ください。