fbpx ニュースリリース | Asian Development Bank

ニュースリリース

ニュースリリース和訳版です。

ページ

  • アジア開発銀行(ADB)は、タイのガルフ・エナジー・デベロップメント・パブリック・カンパニー・リミテッド(ガルフエナジー)の新規株式公開(IPO)において、28億8,000万バーツ(8,800万米ドル)に相当する6,400万株の引き受けを実施した。2017年12月6日にタイ証券取引所(SET)で取引を開始したガルフエナジーは、このIPOによって239億9,900万バーツ(7億3,300万米ドル)を調達した。
  • アジア開発銀行(ADB)が本日発表した新たな報告書『官民連携(PPP)モニター』によれば、アジア・太平洋地域の中で、成熟した金融市場や強固な国内金融機関、多様な資金調達源を持つ国ほど、官民連携(PPP)プロジェクトを実施しやすいとのことである。
  • Growing trade and investment linkages in Asia and the Pacific help improve the region’s economic resilience to uncertainties in the global economic and trade policy environment, according to a new ADB report.
  • アジア開発銀行(ADB)は、アジアインフラパートナーシップ信託基金(LEAP: Leading Asia’s Private Infrastructure Fund)の設立1年目にして、2件のプロジェクトに対し2億1,000万ドルを超える融資を承認した。これに加えて、ADBの通常資本から2億6,450万ドル、協調融資パートナーから8億9,000万ドル、合計約14億ドルの資金が提供される見込みである。
  • 【中国・香港、2017年9月26日】 アジア開発銀行(ADB)が本日発表した「アジア経済見通2017年 改訂版(Asian Development Outlook 2017 Update)」によれば、官民連携(PPPs: Public-Private Partnerships)を通じ、民間の資本と技術的専門性を活用することが、年間1.7兆ドルが必要とされるアジア・太平洋地域のインフラ需要を満たす上で有効である。 「アジア経済見通し」はADBの重要な経済刊行物であり、ADBはその2017年改訂版の中で、官民連携を特別テーマとして取り上げ、年間5,000億ドルにのぼるこの地域のインフラ資金不足を補う上で、官民連携は、民間セクター支援を引き出す重要な手段であると分析している。 ADBの澤田康幸チーフ・エコノミストは、「官民連携は、それが正しく活用されたならば、すべての人のための持続可能な開発という共通目標の達成に向けて、民間セクターの機能と資金でこの地域の膨大なインフラ需要を満たす可能性を持っている」と述べた。
  • アジア開発銀行(ADB)は、本日、年次経済刊行物である「アジア経済見通し2017年(Asia Development Outlook 2017)」の改訂版の中で、アジア途上国のGDP成長率は、2017年が5.9%、2018年が5.8%となるとの見通しを発表した。
  • アジア開発銀行(ADB)は、48の地域内加盟国の経済、金融、社会、環境に関する最新統計をまとめた2017年度版「アジア・太平洋地域主要指標」(Key Indicators 2017 for Asia and the Pacific)を発表した。
  • アジア開発銀行(ADB)は、アジア途上国の2017年経済成長の見通しが、第一四半期に予想を上回る輸出需要に支えられたことで好転したと発表した。
  • アジア開発銀行(ADB)は、アジア太平洋地域のプロジェクト形成と実施における高度技術(high-level technology)の活用を促進するため、信託基金を設立することを発表した。日本政府が基金の最初のドナーになる。
  • アジア開発銀行(ADB)の中尾武彦総裁は、第50回ADB年次総会の開会挨拶の中で、アジア太平洋地域の継続する成長を支援し、気候変動対策に取り組むには、インフラへのさらなる投資が必要であると発言した。中尾氏はさらに、地域の急速な変化に対応するためにADBが策定中の新たな長期戦略において、インフラへの投資は引き続き重点分野であると述べた。

ページ

ページ