fbpx ADB、バングラデシュ農村部の女性を支援 | Asian Development Bank

ADB、バングラデシュ農村部の女性を支援

ニュースリリース | 2011年1月25日

【マニラ、2011 年 1 月 25 日】アジア開発銀行(ADB)は、バングラデシュ1人民共和国政府に対し、同国の農村部に住む女性の地位向上を目的とする技術協力(グラント)50 万ドル2の支援を決定した。

今次支援は、バングラディシュの地方行政技術局(LGED)を通じ、農村部におけるインフラ関連 プロジェクトへの女性の雇用促進や、男女間の賃金格差の是正、女性の働きやすい職場環境整 備などに役立てられる予定。

また、これに伴い、地方公共団体には女性雇用の基準が新たに適用される。20のユニオン評 議会(Union Parishad、村落連合評議会)が、道路や市場施設の改修といったインフラ開発事業を 進める上で、女性の参画率に関する新基準をクリアしなければ、必要な資金支援を得られない仕 組みになっている。

ADB 南アジア局(SARD)で自然資源・農業を担当するリザウル・ カーン(Rezaul K. Khan)・エコ ノミストは、「農村部におけるインフラ整備事業などで女性がもっと活用されるよう、必要なノウハウ やツールを提供して支援したい」としている。


1 ADB の対バングラデシュ支援詳細は、 参照。
2 グラント供与と技術協力活動による貧困削減支援を通じて開発支援効果をより向上させることを目的として、日 本政府の協力により 2000 年に設立された「貧困削減日本基金」(JFPR)からの拠出。


お問い合わせ先
駐日代表事務所
広報官:望月 章子
T: +81 3 3504-3441/3160