fbpx ADBの長期戦略「ストラテジー2030」:変化し続けるアジア・太平洋地域に対応するために | Asian Development Bank

ADBの長期戦略「ストラテジー2030」:変化し続けるアジア・太平洋地域に対応するために

「ストラテジー2030」は、変化し続けるアジア・太平洋地域のニーズに対してADBが効果的に対応するための指針となります。50年におよぶ開発パートナーとの強い協力関係を生かし、ADBは、貧困の撲滅に向けた努力と、豊かでインクルーシブで(包容力があり)災害などのショックに対しても強靭で、持続可能なアジア・太平洋地域を実現するため業務を続けて参ります。

2030年に向けたADBの戦略については、このビデオをご参照ください。

Transcript

アジア・太平洋地域は変化を続けています

世界のGDPに占めるアジア・太平洋地域の割合は増加し

その力強い成長が この地域の貧困を

大幅に削減してきました

しかしまだ多くの人は貧しく

不平等の問題は膨らんでいます

そして気候変動や環境への影響

自然災害など リスクが高まっています

人工知能やロボット工学などの

先端技術が進歩している中で

アジア・太平洋地域の課題は

こうした先端技術を活用することです

高齢化が急速に進む国もあれば

若い世代が増加している国もあり

これは好機であると同時に 課題にもなっています

こうした変化を反映し

アジア開発銀行(ADB)は

新たな長期戦略

「ストラテジー2030」を策定しました

50年におよぶ開発パートナーとの強い協力関係を生かし

ADBは貧困の撲滅に向けた努力を続けます

そして アジア・太平洋地域の発展のため業務を続けます

地域が豊かになり

安定した経済成長と

機会に恵まれることを実感でき

インクルーシブな(包容力のある)社会を作り

利益と機会は 皆で分かち合えるようにし

災害などのショックに対しても強靭で

さまざまな影響を受けやすい国やコミュニティでも

危機に耐えられるようにし

持続可能で

自然と調和した経済成長の実現を目指します

「ストラテジー2030」は 主な国際公約と足並みを揃えた戦略です

やるべきことはまだたくさんあります

アジア・太平洋地域では 年間1兆7,000億ドルが

2016年から2030年の間で

インフラ整備のために必要です

ADBはこれからも

開発途上加盟国の信頼できるパートナーであり続け

資金支援 知識の提供 協力関係を通じて 付加価値を提供していきます

ADBは 総合的な解決策を提供し

先端技術を駆使して

アジア・太平洋地域のニーズに応えていきます

地域の変化に伴って各国も変化します

変化の仕方はさまざまです

ADBはそれぞれの国に合ったやり方で

常に最大限の成果をもたらします

ADBは次の7つの優先課題を重視します

1  貧困と不平等の問題へ取り組むこと

2  ジェンダーの平等を

  ADBのすべての業務において促進すること

3  災害に取り組み

  気候変動に対して確固たる速やかな適応策や緩和策をとり

  環境の持続可能性を高めること

4  より暮らしやすい都市を構築すること

5  地方の開発と食料の安全保障を促進すること

6  ガバナンスと組織と制度を強化すること

7  地域協力・統合を推進すること

ADBはこれらの分野での解決策の提案に向けて

さまざまなセクターとテーマの専門知識を駆使して取り組んでいきます

ADBは民間部門業務を拡大していく予定ですが

これからも重視するのは開発の効果です

ADBは資金と専門性をさらに動員するために 他の機関と連携し

アジア・太平洋地域を支えていきます

そしてADBが培ってきた知識を

必要とする人々に

必要とする時に

共有できるようにしていきます

ADBは業務の改善に努め

一層強く より良く より迅速な組織となることを目指します

一緒に力を合わせ

豊かで 

インクルーシブで 

災害などのショックに対しても強靭で

持続可能なアジア・太平洋地域を実現しましょう