アジア経済見通し2020年版

ビデオ | 2020年4月3日

ADBの年次の主要経済報告書である アジア経済見通し2020年版 によると、アジア・太平洋地域の2020年の経済成長率は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響から、2021年には回復が見込まれるものの、2020年は2.2%と成長が急激に減速する。

この報告書では、アジア・太平洋地域の2020年の経済成長率は、ADBが2019年9月に予測した5.5%から3.3%ポイント下方修正されている。また、アジアの開発途上国の経済は、新型コロナウィルスが終息し、経済活動が正常化すると仮定して、2021年には6.2%に回復すると見込んでいる。

Transcript

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により アジアの開発途上国は打撃を受けています

成長は急激に減速 そして回復

貿易、消費、投資は落ち込み

下振れ要因には十分な注意が必要になります

2021年には回復すると見込まれます 2021年には回復すると見込まれます

中国の経済見通し

インドの経済見通し

食糧価格の高騰は インフレを加速させます