fbpx ADBグリーン・ボンド | Asian Development Bank

投資家情報

トリプルA格付けを有する有力な借り手であるADBは、国際資本市場を通じて定期的に資金を調達しています。

ADBのグリーン・ボンドとブルー・ボンド

グリーン・ボンド・プログラムは、環境的に持続可能な成長の実現によって貧困を削減し国民の生活の質を改善すると共に、温暖化ガスの排出を抑制し気候変動の影響に適応することを目指す開発途上加盟国を、ADBが支援することを可能にするものです。

グリーン・ボンド・ポートフォリオは ADBのグリーン・ボンド・フレームワークに基づき、低炭素型かつ気候変動の影響に強い成長への移行を促すプロジェクトを対象とします。

アジア・太平洋地域の災害耐性、食料安全保障や生活は、健全で回復力のある海がなければ成り立ちません。健全な海は、漁業や養殖を通じて経済にも貢献します。しかし、気候変動、乱獲、汚染や持続性を欠く開発により、私たちの海は崩壊の危機に瀕しています。海の健康を守り、回復させるために必要な資金は不足する一方であり、これに対処するには、グローバル市場の体系的な変化が必要です。ブルー・ボンドは、大規模な解決策を賄う海洋投資に振り向けられる資本の量を増やすことで、この変化を促すものです。

企業や投資家はどのようにすれば利益を受けることができますか?

グリーン・ボンド融資の適格プロジェクトは、以下の分野に属するものです。

  • 気候変動の緩和
  • 気候変動への適応

適格プロジェクトは、気候変動の緩和・適応に向けた資金供給の追跡と報告のために設定された国際開発金融機関の共同アプローチに基づいて特定されます。

ブルー・ボンド融資の適格プロジェクトは、以下の分野に属するものです。

  • 生態系および自然資源の管理
  • 汚染防止
  • 持続可能な沿岸・海洋開発

ブルー・ボンド融資の適格プロジェクトは、前述のプロジェクト分類や、「持続可能なブルー・エコノミー・ファイナンス原則」などの追加的な選択基準を考慮して特定されます。